Q&A

1)教会ってどういう所ですか?

教会には老若男女、働き盛りの人々から、年配の方々、子供達から若者まで、世代を超えた様々な人々が集っています。そして一緒に神様を礼拝し、神様の愛を体験し、人生を楽しんでいます。私達は毎週日曜日、教会に集まり、イエス・キリストを礼拝し、聖書を学んでいます。私達の信じている神様であるイエス・キリストは何かぼんやりとした概念だけの神様や、どこか遠くにいる怖い神様ではありません。イエス・キリストは私達人間をこよなく愛し、私達と個人的に関係を築き、助けたいと願っておられる、とても身近な神様です。そのため教会にはいつも喜びと暖かさが満ちあふれています。神様の無条件の愛を体験した私達は、教会の中でイエス・キリストについて学び、また人間について学んでいます。また人生の目的や、友人関係、金銭や家族、持つべき態度等、実生活に至る様々なことまで聖書から学び、仲間と一緒に励まし合いながら成長しようとしています。

「教会」とは「キリスト教の会堂」を意味するのではなく、本来「イエス・キリストを信じる人々の集まり」を意味しています。すなわち教会とは単なる「キリスト教の会堂」を超えた存在なのです。教会とは一つのコミュニティであり、ある意味で一つの家族のような存在なのです。

2)クリスチャンでなくても大丈夫ですか?

はい、どなたでも大歓迎です。「教会がどんなところか見てみたい。」という好奇心をお持ちの方は、是非足を運んで来て見て下さい。実際クリスチャンでない方も私達の教会には来られています。また教会に行けば、クリスチャンになることを強要されるということも、絶対ありませんので安心してお越し下さい。またもし神様や聖書に特に興味を持っておられるのであれば、是非いろいろと質問してみて下さい。全ての質問にお答えることはできないかもしれませんが、きっと有意義な時となると思います。

3)礼拝ではどんなことをしているんですか?

礼拝の中で、私たちは神様への愛を様々な方法で表現しています。プログラム順に説明させていただきますと、まず現代的な賛美歌をバンドの奏楽に合わせて歌います。曲の歌詞は前のスクリーンに映されるので、一緒に歌うことができます。次に神様への感謝の現れとして献金をささげます。(献金は強制ではなく、自由参加です。)その後、教会からの報告や、今後のイベントの予定などのお知らせがあります。そして最後に、聖書のメッセージを聞きます。メッセージは分かりやすく、時にユニークで興味深い切り口から語られますが、とても力強く、励まされ、心が潤されるような内容です。ちなみに私達の教会では、毎週日曜日朝10:15から11:45の間に礼拝を持っています。

4)礼拝ではお金を払う必要はありますか?

いいえ、払う必要はありません。確かに礼拝の中で、献金の時間は毎週持たれますが、それは強制ではありません。献金はあくまで感謝の応答からささげるもので、会費というものでもないのです。そのためお金を払う必要はありません。しかし、もし礼拝の中で、自分も神様にささげたい、そう感じられたのであれば、是非献金にご参加ください。神様はその心を喜ばれます。

5)何を着ていけば良いいですか?

私達の教会には、服装に関する決まりは特にありません。どうぞ普段着のままお越し下さい。また教会には靴を履いたままでお上がり下さい。

6)何か持って行くべきものはありますか?

特に準備するものはないと思います。教会には貸出用の聖書もありますし、礼拝では聖書箇所も前のスクリーンに映されますので、手ぶらでお越し頂いても大丈夫です。もちろん聖書をお持ちの方であれば、是非持ってきていただければと思います。

7)駐車場はありますか?

はい、あります。日曜日は、教会近くに駐車場をお借りしています。充分駐車スペースがありますので、受付や、教会の人にお気軽にお尋ねください。

  
Copyright© 2013 南紀リバーサイドチャーチ All Rights Reserved.